1954 年 羽田 空港 トレド。 パラレルワールド/並行世界とは?8分違い?実話や体験談をもとに解説!

トレドから来た男(1954年)のエピソードは事実だと思いますか?

1954 年 羽田 空港 トレド

2人は特に感銘を受けることもなく、庭園を抜けて小トリアノン宮殿へ向かうことにした。 すると、スペインとフランスの間にあるアンドラという小さい国を指すも、名前が全く違うことに男は驚く。 2月中旬ころにイタリアと、ついでにトレドに行こうと考えています。 しかたなく羽田空港に近い別のホテルに移します。 ジャパンタイムズに掲載された記事 1954年 昭和29年 の 英字新聞・週刊ジャパンタイムズにこの出来事が掲載されています。 サクリアはヨーロパの海の向こう側にあるという。

次の

【衝撃】パラレルワールドへ行った人たちの実話!現在、行方不明が2人も!!

1954 年 羽田 空港 トレド

この8分違いのパラレルワールドの存在が知られ始めたのは2011年3月11日、東日本大震災が起きた後のことです。 ビンテージカーの女】 1988年の『ストレンジ』誌の記事によると、L・Cと名乗る男とその仕事仲間のチャーリーという男が昼食を終え、車に乗ろうとしていた。 マイケル・クライトンの『タイムライン』やグレッグ・イーガンの『宇宙消失』が代表的でしょう。 男によると、トレドはフランスとスペインの間にあるらしい。 その他には時空に入ってしまった人がいて 音が消え周りの景色が歪んで見えたそうです。 それでもなお、この辺りのはずだと、指をさしたのは、と言う小さな国だった。

次の

1954年の日本、羽田空港で入国管理者ともめ合う不思議な男がいた。男は、スペイン... : 【都市伝説】パラレルワールドは実在した!その証拠を大公開!【オカルト】

1954 年 羽田 空港 トレド

旧式のIBM製コンピューターを回収しに1975年に戻った男】 2000年、インターネット上にジョン・タイターと名乗る人物からいくつもの投稿がなされた。 密入国を疑われた男性ですが、当時の職員が世界地図を見せると、トレドがあるはずの場所にアンドラという別名の国が存在していることに非常に驚いたそうです。 入国審査は長時間続きましたが、彼の示す証拠だけでは解決できません。 だが、管理者が調査してもそのような名前の国は実在しない。 その後の警視庁の調査でも、一切足取りを追うことが出来なかった。 パスポートも国名がトレドとなっていたほかはヨーロッパの一般的なものと変わりません。 エミレーツ航空、カタール航空、アラブ首長国連邦国営エティハド航空。

次の

2月中旬ころにイタリアと、ついでにトレドに行こうと考えています。空港、...

1954 年 羽田 空港 トレド

1954年の日本、羽田空港で入国管理者ともめ合う不思議な男がいた。 この「波」が旧来の理論で言う「素粒子」に対応しています。 不思議なことに、そこには三角帽子をかぶった役人や古い鍬や農家があった。 ですが、この男自身もを知らなかった。 すると男は、このにと言う国が載っていない事に驚いていた。 生年月日は1988年9月11日、この不思議な事件当時はもうすぐ65歳。 一つの方法として、タイムマシンに乗るという手がある。

次の

1954年の日本、羽田空港で入国管理者ともめ合う不思議な男がいた。男は、スペイン... : 【都市伝説】パラレルワールドは実在した!その証拠を大公開!【オカルト】

1954 年 羽田 空港 トレド

実は事故発生当時に原発のあったプリピャチという都市で奇妙な現象が発生していたという噂が立っています。 彼は他にもヨーロパの数か国の硬貨・小切手・日本滞在中の都内のホテルの予約証・国際免許証を所持していたそうです。 男性は仕事の都合で時折東京とトレドを往復していると言い、トレド名義の国際免許も持っていたほか、日本語も非常に流暢でした。 01月• 何度かの為にに. ですが、調べたところ企業は存在しませんでした。 羽田空港でも不可解な事が起きていました。 未来の自分に遭遇した男】 ハカン・ノルドクビストもまたタイムトラベルをしたと主張している。

次の

パラレルワールド/並行世界とは?8分違い?実話や体験談をもとに解説!

1954 年 羽田 空港 トレド

パスポートの記録では、男はトレド(Taured)を出国したことになっている。 彼はこれらを証明するとして、仕事で会う予定の 取引会社の名前をあげました。 高台のパラドール他、高級ホテルに泊まって、 遠くから眺めるのなら、とても美しい街ですが。 アルハンブラ宮殿が典型です。 なお日本には何度か渡航した経験があり日本企業とも長い付き合いだという。 02月• トレドよりもグラナダの方が、ずっと良いですよ。

次の

1954年の日本、羽田空港で入国管理者ともめ合う不思議な男がいた。男は、スペイン... : 【都市伝説】パラレルワールドは実在した!その証拠を大公開!【オカルト】

1954 年 羽田 空港 トレド

【14. 部屋のホテルは15階。 男性が持つパスポートの発行国が 存在しない国だからです。 それでも不思議な体験であることは間違いない。 【15. この 不思議な事件で忘れてはならないのは 羽田空港に着いたヨーロッパからの飛行機に彼が乗っていた事です。 彼はこう語ったそうです。 L・Cとチャーリーはどうかしたのかと尋ねた。 パスポートは持っていたし、出国を証明するスタンプも押されていた。

次の