トランプ イラン 攻撃。 米軍のイラン・ソレイマニ司令官殺害はなぜ起きたのか

トランプがイラン司令官を殺害した本当の理由 WEDGE Infinity(ウェッジ)

トランプ イラン 攻撃

「ただ、アメリカの施設が攻撃されそうになった後、その場の勢いでこうした計画を提示するよう、ボルトン氏からという形でホワイトハウスがペンタゴンに命じたことが異例なのだ」と同氏は続けた。 だが、イランは米側に人的被害が出ないように配慮したとみられ、ザリフ外相も「緊張激化や戦争は望んでいない」と明言。 一方で軍事力を誇示しつつも「使うことを望んでいない」と語り、報復攻撃に慎重な立場もにじませた。 Q2) そうしたトランプ大統領の発言には、どんな理由がある? A2) イランへの軍事作戦は、多大な困難と犠牲が伴います。 トランプ氏は「イランが行動を変更するまでは強力な経済制裁を維持する」と述べ、イランに核兵器開発断念とテロ活動への支援をやめるよう要求した。

次の

トランプがイラン司令官を殺害した本当の理由 WEDGE Infinity(ウェッジ)

トランプ イラン 攻撃

米メディアによると、トランプ氏は国民向けテレビ演説を検討したが、同日の実施は見送った。 そして離脱を口実に米政府は対イラン経済制裁を再開した。 何千年もの歴史の間、何度も野蛮人がこの国にやってきては、我々の都市を荒らし遺跡を破壊し、図書館を焼いていった。 殺害されたソレイマニ司令官の遺体、イランに帰国 黒衣の大群衆が迎える イラクには現在、過激派勢力「イスラム国(IS)」と戦う国際有志連合に参加する形で、約5000人の米兵が駐留している。 トランプ大統領はこれまでイランが報復に動いた場合は反撃する方針を示しており、今後の展開次第では大規模な軍事衝突に発展する恐れがある。

次の

トランプ米大統領、対イラン攻撃に否定的 全面衝突回避、制裁で幕引き:時事ドットコム

トランプ イラン 攻撃

マシュハド(イラン-Wikipediaより) イランもアメリカと戦争する体制は整っていない 須田)10月からの反政府デモで、319人が死亡という状況になっています。 — Donald J. このため、かりに対イラン戦争を開始した場合でも、対イラク戦争時のような西側同盟諸国が示した結束と共同行動を期待するのは極めて難しい。 7日に発言を撤回。 136• ところが同12月27日以降、中国は史上初めてオマーン沖でイランやロシアとの海軍の合同演習を慣行、アメリカに対する戦略を鮮明にした。 一方で、米国の強力な経済制裁で想定を上回る打撃を受けたイランも強気の姿勢を掲げる。

次の

トランプ米大統領「イランに追加制裁」 攻撃受け声明 抑制的な対応に

トランプ イラン 攻撃

過激派組織「イスラム国」(IS)はイランの敵でもあると指摘し「我々はこの問題に加え、その他の優先度の高い課題に関して協力すべきだ」と呼びかけた。 — Donald J. イランとの対話のシグナルも送った。 ただし、トランプ大統領は支持者を集めた集会で「自分は若い米兵を帰国させるために、大統領に選ばれた」と繰り返し主張しています。 しかも、同盟諸国はどこも参加しないだろう。 その後マシャド()に移送され、6日には首都テヘランに。

次の

トランプ氏「イラン文化遺産を狙って攻撃」発言を取り下げ 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

トランプ イラン 攻撃

We do not seek escalation or war, but will defend ourselves against any aggression. トランプ氏はこれまでイランが中東地域の米軍などに報復攻撃を仕掛けた場合、イランの重要施設など52カ所を標的にする可能性に触れていた。 184• 「各国はイランによる中東での破壊的で不安定化を招く行動を許容してきた。 トランプ政権はイラン核合意から離脱したが、地域での行動でイランを罰したり、ヨーロッパからの支援を取り付けることに一部成功してもいる。 国内にそれほどの波乱要因を抱えているなかで、イランとてアメリカと戦争をできるだけの体制は整っていません。 「少なくとも2カ所の米軍や有志連合が駐留する基地を狙って発射されたのは明白だ」と説明した。

次の

国防総省をざわつかせた? イラン攻撃をめぐる、トランプ政権の危険な要求の中身とは

トランプ イラン 攻撃

(8)1月7日、ソレイマニ氏の故郷で行われた葬儀に市民が殺到し、数十人が死亡。 1,088• しかし、トランプ大統領の司令官殺害の動機は一体何だったのでしょうか。 有志連合は5日、対IS作戦を一時停止した。 区域近くの着弾も含めて、バグダッドで計3発のロケット弾が着弾。 犠牲者数の見込みについて「将官から150人との返答があった」とした。 米国はイランのウラン濃縮や弾道ミサイル開発の停止などを合意に加えたい考えだがイランが受け入れる可能性は低い。 c AFP. 経済的な逼迫を受けて、若いイラン国民を中心に、体制を転覆させるような要求をするデモが起こっています。

次の